お知らせ

バックナンバー

Back Number

高品質牛乳の生産 ―理論と実際―

発行日1992年3月
監修高橋 清志・安宅 一夫
版型・頁数A5/216ページ
在庫状況 在庫わずか(送料ご負担で無料配本可)

内容

●第1章 高品質生乳の必要性とその目標/大浦義教
 1.乳質管理の基本的考え方
 2.生乳の細菌数について
 3.生乳の体細胞数について
 4.抗菌性物質の残留防止
 5.生乳の成分について
 6.生乳の風味について
 7.乳質評価の方向

●第2章 乳成分率と乳牛の栄養―基本と応用―/安宅一夫
 1.乳脂率と栄養
 2.無脂固形分率と栄養
 3.乳成分率低下の原因と対策
 4.飼料の種類と乳成分率
 5.乳成分率向上のための添加物

●第3章 栄養的操作による乳成分の改善/ラリー E. チェイス
 1.乳成分
 2.乳合成のメカニズム
 3.乳成分に影響する栄養的要因
 4.乳脂肪の変化
 5.乳蛋白質の変化

●第4章 乳成分率向上のための遺伝的改良/鈴木三義
 1.乳成分改良の必要性
 2.改良目標
 3.遺伝的改良の条件
 4.個体の遺伝的評価値に基づいた乳成分の改良
 5.改良システム

●第5章 暑熱ストレスによる乳成分率低下とその対策/相井孝允
 1.夏期の気温
 2.夏期高温時の乳牛の体温調節
 3.夏期の乳成分
 4.環境改善による暑熱ストレス軽減対策
 5.乳脂肪
 6.乳脂肪率の低下防止対策
 7.綿実の給与
 8.脂肪酸Ca等の給与
 9.酢酸Naの給与
 10.乳蛋白質の低下防止技術

●第6章 おいしい牛乳/永井政僖
 1.おいしさとは、風味とは
 2.おいしさの評価の方法
 3.おいしさの分布
 4.牛乳のおいしさには、成分的指標値がある
 5.乳牛の生理条件(産次、乳期)は牛乳のおいしさを左右する
 6.飼料は、牛乳のおいしさにどの程度影響をあたえるか
 7.季節は、牛乳のおいしさに影響をあたえるか
 8.ストレスは、牛乳のおいしさに影響をあたえるか
 9.放牧すると牛乳は、おいしくなる
 10.濃厚飼料が多給されている高能力牛の牛乳は、おいしくなかった
 11.牛舎臭は、乳牛の呼気を通じて牛乳に移行する
 12.細菌が増えると牛乳は、まずくなる
 13.ミルカーは、牛乳のおいしさに影響をあたえる
 14.牛乳のおいしさは、イメージによって動かされる
 15.どんな牛乳がおいしいのか

●第7章 乳房炎と体細胞の知識/永幡 肇
 1.感染に対する乳腺の防御機構
 2.感染の指標としての体細胞
 3.体細胞の種類
 4.体細胞の測定
 5.体細胞の生理的変動
 6.乳房炎と体細胞
 7.高体細胞と低体細胞
 8.体細胞数と乳成分
 9.体細胞データの活用
 10.体細胞におよぼす要因
 11.伝染性乳房炎と環境性乳房炎
 12.乳房炎予防・コントロール
 13.高体細胞牛への対策
 14.体細胞チェック
 15.体細胞に対する諸外国の取組み
 16.体細胞に対する日本の取組み

●第8章 高品質牛乳生産のための乳房炎防除対策/安里 章
 1.乳房炎防除対策巡回指導の考え方
 2.乳房炎防除対策のマニュアル
 3.搾乳立会時のチェックポイント
 4.起炎菌の特徴に基づいた管理変えの指導
 5.乳房炎防除対策のゴール

●第9章 乳質改善と微生物/菊地政則
 1.生乳への細菌汚染と増殖
 2.細菌汚染による乳質の変化
 3.搾乳器具洗浄殺菌の意義
 4.搾乳器具・バルククーラの洗浄殺菌

●第10章 酪農家と獣医師のための高品質牛乳生産/アンドリュー P. ジョンソン
 1.高品質牛乳は、酪農家と獣医師の利益につながる
 2.乳房炎対策の三つの側面
 3.環境
 4.乳房の毛刈りと断尾は産乳性を改善する
 5.搾乳手順
 6.搾乳施設の評価
 7.システム洗浄と評価
 8.バルクタンク乳の細菌培養