酪農情報BOX

特集

Feature

日々の酪農経営に役立つ基本的な技術や知識を写真や図を交えてわかりやすく解説しています。

農場のバイオセキュリティを考える ≪第6回≫牛舎の衛生対策(石灰塗布)

農場のバイオセキュリティを考える ≪第6回≫牛舎の衛生対策(石灰塗布)
はじめに 今回は、牛舎の衛生対策に必要な“石灰塗布”について解説します。 農場で感染症が発生すると、まずは舎内全体の清掃を行い、その後消毒をします。その消毒の中でも効果的なのが石灰塗布です。しかし、必要性や効果は認識されているものの、生石灰の発熱による危険性や各種設備準備の手間、人の確保や洗浄作…

農場のバイオセキュリティを考える ≪第5回≫酪農場の衛生管理におけるHACCPの有用性について

農場のバイオセキュリティを考える ≪第5回≫酪農場の衛生管理におけるHACCPの有用性について
1.「農場HACCP認証基準」策定 1990年代からサルモネラや病原性大腸菌O-157による集団食中毒、低脂肪乳などに混入した黄色ブドウ球菌毒素による食中毒事故、牛海綿状脳症(BSE)牛の確認、牛肉の不正表示問題、カンピロバクター食中毒などの発生により、食品の安全に関する国民の関心が高まってきまし…

農場のバイオセキュリティを考える ≪第4回≫飼養衛生管理基準

農場のバイオセキュリティを考える ≪第4回≫飼養衛生管理基準
はじめに 今回は、家畜伝染病予防法施行規則第21条で規定されている飼養衛生管理基準を基に紹介します。 飼養衛生管理区域は、まず自らの農場の敷地を「衛生管理区域」(農場作業スペース)と「それ以外の区域」(生活スペース)に分け、両区域の境界が分かるようにしなければいけません(図1)。現場で最も難しい…

農場のバイオセキュリティを考える ≪第3回≫酪農場で使用する消毒薬

農場のバイオセキュリティを考える ≪第3回≫酪農場で使用する消毒薬
1.消毒の目的と方法 酪農場での消毒の目的には①牛の病気の予防(牛病衛生)②安全な生乳の生産(食品衛生)③環境汚染の防止(環境衛生)④安全で清潔な労働環境(労働衛生)―という四つの大きな柱があります。この一つ一つが重要で、すべてが関連し、連携して消毒も目的が達成します。 一般的に消毒の方法には、…

農場のバイオセキュリティを考える ≪第2回≫酪農場の消毒

1.防疫の鍵を握る“消毒” 動物たちは、常に感染症の脅威に直面しています。予防や治療の重要課題は“環境”で、病原体に汚染された環境では感染症のリスクは改善されません。そこで環境から病原体を排除し、家畜を守らなくてはいけません。病原体をコントロールするシステムを作る上で重要なのが“消毒”です。牛舎消…