日々の酪農経営に役立つ基本的な技術や知識を写真や図を交えてわかりやすく解説しています。

草地の土づくり

はじめに 酪農ジャーナルがWeb版で新装開店することになり、このコーナーを担当することになりました。調子がよければ半年おきくらいに更新しますので、時々ご覧頂ければ幸いです。 早速ですが、日本の草地の多くは寒地型牧草を播種した人工草地で、一旦草地を作り上げたら数年から十数年、施肥と利用が繰り返され…

飼料給与と栄養管理

1.乳牛の飼料と栄養価 乳牛は草食動物であるので、草だけを与えておけば事足りると考える人は意外と多いでしょう。ある場面ではそれは正しいですが、高泌乳牛の能力を最大限に引き出したり、育成牛を適切に発育させたりしようとすると、草だけでは栄養不足になってしまいます。 筆者のような中年ならば粗食でも十…

泌乳と搾乳の生理

1.搾乳は酪農における収穫作業 搾乳(生乳)は酪農経営におけるメーンの収入源であり、毎日繰り返される“収穫作業“といえる。酪農の収穫高(乳量)は、能力が同じ牛であっても酪農場(搾乳者)によって大きく変化する。それは、搾乳という作業は牛-人-環境(機械)の調和が求められる高度な技術だからである。牛の…

牛の繁殖生理

はじめに 牛は飼養管理に不手際があると順調に妊娠、分娩しません。遺伝的な原因を除けば、繁殖が順調でない場合は飼養管理を見直す必要があります。しかし、飼養管理の改善策を探るにしても、そのよりどころがなければその方向性を見つけるのは難しいものです。多くの場合、経験豊かな人や専門家の助言を受けて改善策を…

乳房炎の原因と予防法 ―病気の特徴と基本的な搾乳衛生―

はじめに 乳房は経済動物である乳牛の本質的な役割を担う重要な器官です。乳房は乳腺組織(乳を産生する細胞)の集合体であり、血液からさまざまな栄養の供給を受けながら日夜、生乳の生産に励んでいます。 長年の遺伝的改良や飼養管理技術の向上は、年間1万kgに及ぶ生乳生産を可能にしました。このことは、人…