酪農情報BOX

特集

Feature

日々の酪農経営に役立つ基本的な技術や知識を写真や図を交えてわかりやすく解説しています。

農場のバイオセキュリティを考える ≪第8回≫酪農現場で問題になる感染症Ⅱ

農場のバイオセキュリティを考える ≪第8回≫酪農現場で問題になる感染症Ⅱ
はじめに 今回は現場で問題になる感染症として、子牛の下痢を引き起こすクリプトスポリジウム症、ロタウイルス感染症、コクシジウム症について紹介します。 1.クリプトスポリジウム症 クリプトスポリジウム(Cryptosporidium、以下Cr)症は、家畜や人に下痢を引き起こす人獣共通感染症です。家…

草地の土づくり ≪第6回≫土壌診断に基づく施肥対応2:カリウムの施肥対応

はじめに 今回からカリウム、リン、窒素の順で、草地における土壌診断に基づく施肥対応についてご紹介していきます。肥料の3要素というと窒素、リン、カリウムの順で言われますが、今回反対の順番にしたのは、カリウムの説明が最も単純で分かりやすく、リン、窒素の順で複雑になっていくからです。これは、各養分が土壌…

日本における搾乳ロボットの普及と地域による利用特性

はじめに 搾乳ロボットという一つの道具が中心となり、搾乳ロボットを使った酪農場での生産システム(自動搾乳システム)へと変遷しました。酪農技術が普及すると、最初の想定を越え、社会的背景や酪農場の特性に合わせ、利用方法の改良が利用者である酪農家の手で行われます。ローカルルールともいえる利用法は、いつか…

農場のバイオセキュリティを考える ≪第7回≫酪農現場で問題になる感染症

農場のバイオセキュリティを考える ≪第7回≫酪農現場で問題になる感染症
はじめに 酪農現場では多くの感染症が問題になっています。中でも近年非常に問題視され、注目されているのが牛白血病ウイルス(BLV)と牛ウイルス性下痢症(BVD)ウイルス感染症です。そこで今回は、これらについて解説します。 1.牛白血病 牛白血病ウイルスは届出伝染病である地方病性牛白血病の原因ウイ…

牛乳の栄養的特性と摂取効果について

はじめに 新型コロナウイルス感染症による影響が全世界を覆っています。コロナウイルスによる経済的影響は、日本においては20年4~6月期の実質GDP成長率が前期と比べ7.8%減(年率27.8%減)であり、リーマンショックを上回る壊滅的打撃を与えています6) 。コロナ前からの景気後退も相まって、今年に入…