酪農ジャーナル電子版

酪農情報BOXDairy Information Archive

特集

臨床繁殖分野における超音波診断技術の基礎と応用
2022.05.24 臨床繁殖分野における超音波診断技術の基礎と応用

1.牛の繁殖検診 乳牛、肉牛共に家畜としての牛の繁殖は「1年1産」を目指すことで最も経済的損失が少なくなることが報告されています。この1年1産を維持するためには、空胎日数で120日、分娩間隔で400日以下を大まかな目標にする必要があります(図1)。空胎日数120日と言っても、決して容易に超えられる…

特集
研究紹介
酪農基礎知識
バックナンバー

酪農情報BOXへ

質問コーナーQuestion Corner

皆さまからの酪農に関するご質問を受け付けております。
ご質問のある方は以下のバナーから質問内容を送信してください。
いただいた質問は本コーナーで公開させていただきます。

質問

関連リンクLink

酪農学園大学
社会連携センター
受験生サイト
酪農学園基金

topへ戻る